Thursday, April 12, 2012

さすらいドラマーの道 "The Road of the Sasurai Drummer"




個々のドラマーのスタイルは、スティックやドラムセットの選択肢と同様に非常に様々です。しかしながら、ほとんどのドラマーは、ドラムキットの中でスネアドラムが中心的または最も重要なパーツだと賛成してくれるでしょう。言い換えれば、スネアドラムは
ドラムキットの中でハート(心臓)です。

 スネアドラムのサイズ、素材、ヘッドの種類、チューニングは言うまでもなく、ドラマーの数だけ違いがあるので、他のドラマーのプレイを見るのはとても興味深いものがあります。その種類は無限です。スティックについてももちろん同様の事が言えます。

とはいえ、ほとんどのライブハウスやクラブは5個のドラムキット(2×タムタム12”と13”・フロアタム16”・バスドラム22”・

そしてスネアドラムは通常14”×5.5”)を一晩に4,5バンドが使いまわすので、セットアップしてチューニングする時間がかろうじて取れる状態です。しかしながらこの経験が年間を通して、他のドラマー達との出会いを与えてくれ、それによりドラマーにとって何が必要で何を持つと良いかを気づかせてくれました。

 ほとんどのドラマーは同意すると思いますが、もし自分自身のちょうどよくチューニングされたスネアと12”タムタム・16”フロアタム・(with a quick tweak of the key)バスドラムとシンバル、それにどんな帽子でもライブハウスに揃っていれば、10曲のライブをこなすには十分なものがあると言えます。基本的にスネアドラムはいつも通りの自分の育てた音を出して、残りのキットの足りない部分をカバーして気持ち良いノリノリビートを出す。なので、自分自身のスティックとスネアドラムは絶対に持たなければいけません。

自分のペダルもあればなお良いです。

 初めてこの事に気づかされたのは数年前の日本でライブをやり始めたときでした。ここでは通常クラブへもスタジオへも(その後の打ち上げにも)電車で行きます。(それも常に混んでてしかも1時間ぐらい乗らなければ行けなかったりする。)したがって持って行ける荷物の量にも限りがあります。しかしながら絶対はずせないのはスネアドラムです。ドラマーはこれを手で持つか、背中に背負うか、肩からかけるかしてライブに向かいます。これを私は「さすらいのドラマー」と呼んでいます。

もちろんセットアップやチューニング、リハーサルにたっぷりの時間が取れるのがドラムの世界の理想ではあるけれど、実際はそうもいきません。でもいつか、いつかそういう日は来ます。他の国々、例えばオーストラリア、ニュージーランド、イギリスやアメリカでは車に自分のセットを積んでライブハウスまでドアツードアで全て運んでしまえるでしょう。でも日本は違います。今のところ“さすらいドラマー”の一緒に出かけるベストパートナーは自分のスティックとスネアドラムだけです。このことが、私が100個の様々なスネアドラムを作りたいと思い、実際始めたきっかけです。自分自身のユニークでピュアなサウンドを見つけて、いつか機会があれば世に送り出したいと思っています。このブログを書いているポイントは、メモすること、もしくは私の冒険と旅を記録して


ライフワークにしていく為です。





UnTiL NeXt TiMe
HaPpY dRuMmIn

email a comment or question

メールは英語でも日本語でもOKです


The style of each individual drummer is invariably different in comparison just as much as the choice of sticks and the setup of each individual drum kit. However the single point that drummers almost always agree on is that the snare drum is the centre or the most focal part of drum kit. In other words it is the HEART.
It definitely is for me.

 The size of the snare drum, shell material, hardware or fittings, type of heads and tuning differs from one drummer to another so much that 
it almost endless or infinite.

Although most live-houses or clubs in Japan have a 5 piece drum kit ( 12”and 13”rack-toms , a 16”floor tom, a 22”bass drum and a snare drum (usually 14" x 5.5") with 4-5 bands playing in the same night one after another there is barely enough time for setting up, let alone tuning the kit. Playing gigs around Tokyo over the past few years gave me the chance to meet many good drummers and learn just what equipment is a 

“Must Have” and what equipment is "A Good If You Have".

 As most Drummers will probably agree, if you have your own snare, tuned just right and you add any 12" rack-tom, 16" floor tom, (with a quick tweak of the key) the bass drum, cymbals and whatever hats are available at the live house then you have everything you need to get you through a quick 10 song gig. Basically speaking your snare drum will feel like it always does (GREAT) and carry the rest of the kit while allowing you the feel comfortable, and settle into play well, and throw out a groovy beat. Your own Snare Drum and Sticks are an absolute, a “Must Have”. 

Your pedal, "A Good If You Have" 

Being an amateur drummer in Japan you almost always, have to travel to and from gigs or rehearsal studios by train. (usually crowded and often for a couple hours) which means you can only take limited equipment with you. This is when it really hit me that the one absolute is the snare drum either in hand, on the back or hanging from the shoulder of each drummer on their way to do their thing. This is what I call "The Sasurai Drummer"

 I know in other countries like Australia, New Zealand, England and the US it is probably just normal to load up your car and drive to the door of the pub, set up your own kit and have a great gig. 
But this is almost unheard of in Japan, 
unless you’re a Professional or super super good.

 And so for "THE SASURAI DRUMMER" (sasurai = roaming, wandering / a wanderer or vagabond) your best partners are your Snare Drum and your Sticks. This is what started me on my road to build and play 100 snare drums. To explore and enjoy the endless variations in size, material, fittings, choice and effect of drum heads etc and hopefully someday create my own pure and unique sound. The point of writing this blog is to take notes and to record my adventures and my journey

to what is to become my life’s work.



UnTiL NeXt TiMe
HaPpY dRuMmIn


email a comment or question